スウォッチ/SWATCHのバンド交換についてです。

 


スウォッチの時計は、既製のバンドが取り付けにくくなっています。
一般のお店では、まず交換していないと思います。
と言いますか交換が出来ないです。

 

なぜなら、時計の裏側を見て下さい。

赤で囲った部分が時計本体とバンドの結合部分です。
ほとんどのスウォッチが、ここがギザギザになっています。

 


このように分解してみると分かりやすいですね。
真ん中のピンは、サイドから差し込んでバンドをつないでいます。

 


このように既製のバンドの先端は、だいたい真っ直ぐになっています。
先端が凸型や凹型のもありますが、いずれにせよスウォッチには合いません。

 

そこで、このようなパーツの登場です。

かなり珍しいので正式な名称がわかりません(笑)
とにかくフィットパーツです。

 


先ほどのパーツをバンドと時計本体の間に取り付けます。

 


下のほうだけ先ほどのパーツを取り付けました。
こうすると赤丸で囲った部分が真っ直ぐになるので、既製バンドが普通にに取り付けられます。

 

下側だけ既製のバンドを取り付けました。

結合部分が違和感なくぴったりです。

 

反対側もパーツとバンドを取り付けて完成です。
 

 

ちょっとカスタマイズしたっぽくなります(笑)
フィットパーツを付けましたので、次回からは簡単にバンド交換が出来ます。

また今回は金属バンドを取り付けましたが、革バンドにも交換が出来ます。
この時計でしたら文字盤に合わせて、青い革バンドなんか良いかもしれません。

既製のバンドに交換すると、スウォッチのロゴが無くなるのが1つ難点かもしれません。
もちろん文字盤にはロゴがありますが。
外したバンドはお返し致しますので、いつでも元に戻せます。

 

最近、このパーツのお問い合わせが増えております。
このスウォッチ対応フィットパーツのみもお売りしております。

ご注文等につきましては、こちらをご覧ください。
また注意事項などございますので、こちらの『バンド/ベルトについて』よりスウォッチの項目をご覧ください。

※お問い合わせはメールでお気軽にどうぞ。
メール